見つけました!広島で-メイド・イン・フィンランドのお菓子

Uncategorized

発見!広島のスーパーでフィンランド製お菓子

ついに広島で見つけた! メイド・イン・フィンランドの食品

今回は、ムーミンスナックとポテトチップスを紹介します

昨日、広島市西区のLECT(レクト)という大型ショッピングセンターの

食品専門店で特売されていたのを偶然見つけました。

日本の同種の商品に比べると少し割高ですが、そこは少し目をつぶります。

 

まず、ひとつ目はムーミンスナック。

 

ふたつ目はポテトチップス。

広島では、かつて成城石井でよく売られていた

かの有名なファツエルの『ゲイシャチョコ』ですら入手できないんです。

(というか、自分が未だ発見できずにいるかもしれませんが)

 

いまやビールに、コーヒーやチョコレートも通販サイトで入手可能ですが。

通販サイトだと、”ちょっとだけ”という個人使用をはるかに超えた量を

しかも高い値段で買わなければならないので、ちょっと試そうかというレベルには

通販サイトはあまり向いてないんです。どんなモノがくるわからないしね。

 

これが東京などの大都市だったら

ノルディック専門店や、フィンランド専門店で少々の高値は我慢しても

メイド・イン・フィンランドのお菓子や食品、飲料は手に入るかもしれないけど

 

コチラは、よく言えば地方都市。悪く言えば中途半端なイナカの広島市では

なかなかメイド・イン・フィンランドの食品なんて目にできないんです。

もし、広島で売られているフィンランド製の食品関係があれば教えて下さいね。

 

ということで、2点の食レポといきます。

ムーミンスナック:味のついてないキャラメル・コーンです

最初に”ムーミンスナック

北陸製菓さんのムーミン・ビスケットに描かれているのと、

本国フィンランドの製品は少し違った感じでムーミンキャラクターが描かれています。

若干堅いというか、やさしい丸みがないので

日本で見慣れたタッチのムーミン像に見慣れていると、少し引くかも?

(ムーミンとスニフの絵にご注目)

 

オーツ麦を原料にして、それをキャラメルコーンみたいな形状でパフにしています。

ただし、味はシンプルで淡白。味気のないキャラメル・コーンを食べているみたいです。

 

いっしょに食べた知人曰く

これって、黒糖とかでふりかけて食べると美味しいかも? 

それとシリアルみたいに牛乳に和えてもいけるかも

と言っていました。

自分流で、いろいろなものとトッピングしたりして、いろいろな味を演出して

楽しみながら食べると面白いかもしれません。サクッと柔らかいので歯の悪い方もOK。

ただ単品でそのまま食べると、味があまりしないので面白みに欠けるところがあります。

ポテトチップス、しっかり肉厚で美味しいです

次にポテトチップスです。

結論から言うと、どこでもあるポテトチップスと大差ありません。

でも、まあまあ美味しかったです。

しかし、北欧は”じゃがいも”が主食とも言われています。

パッケージをみると、フィンランド北部でとれた”じゃがいも”が主原料です。

寒い土地でつくられたジャガイモというワケではありませんが、特徴として

 

日本のカ〇ビーポテトチップスと、ほぼ同じ形状と揚げ方ですが

いくぶんかポテトチップスの厚みがあります。それが歯ごたえを良くして

食べ応えがあって美味しいんです。病みつきになりそうなんです。

ムーミン小説を読みながらお酒のつまみとして、秋の夜長を楽しむつもりでしたが

ポテトチップスが、まあまあ美味しくて食べると止まらなくなってしまいました。

こちらのポテトチップス、表示を見ると一袋500キロカロリー超えるので

カロリーが気になる方は要注意です。

(数字が見えにくいのですが、500キロカロリー越えの表示)

 

これらの商品は、期間限定の特売みたいなので

商品が売り切れて無くなれば、広島では手に入れるコトが困難になるかもしれません。

ご希望の方は早めにLECT(レクト)へ行った方がいいかもしれません。

 

かつて私もフィンランドで買ったゲイシャチョコレート。

帰国後の保管が悪くて、チョコが湿気って失敗しましたが。

フィンランドも含め、北欧は湿気が少ない国です。

 

多くの食品が日本の高温多湿の環境には弱いトコロがありますので

保管場所には気を付けたほうがいいです。賞味期限も参考程度にして

あくまでも早めに召し上がった方が、より美味しくいただけると思います。

 

そんなことで

ホントにフィンランドとはご縁のう~すい広島で珍しくも見つけた

メイド・イン・フィンランドのスナック菓子2点を紹介しました。

(おわり)

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました