フィンランドの伝統療法ってーやはりサウナ?

Uncategorized

こんにちは!

根本改善整体らくしんかん・ナガミです

 

本業が”整体”業なので

フィンランド発祥の伝統療法には非常に関心があります。

 

しかし

ただいまフィンランドの伝統療法を探査中です。

 

本を取り寄せてみたり、ググったりしていますが

手技療法を中心に、新しい情報を入手したら報告いたします。

 

ところで

フィンランドでのオリジナル伝統療法で有名なのは

「サウナ」ですね

 

「サウナ」は、もちろんフィンランド語ですが

日本人なら誰でも知っている”唯一”のフィンランド語かもしれません。

しかも銭湯にもサウナがあって、日本でも手軽に入れますから。

 

フィンランド政府観光局によると

フィンランドの人口は540万人に対して、サウナの数は2~300万あると

いわれています

 

サウナの種類では大きく分けて2種類あるそうです

ひとつは日本でも普及している「電気式サウナ」

もうひとつは伝統的な「スモークサウナ」

 

電気式サウナは、スイッチひとつで温める方式なので手軽ですが

スモークサウナは、薪を用意してサウナ小屋をスモークで温めないといけないので

時間だけでも8時間はかかるそうで、大変手間だそうです。

 

フィンランドのサウナは1500年前からあったそうです。

当時はもちろん電気がなかったので、もちろんスモーク式のサウナですね。

 

汗を流し身体を清めるだけでなく、心も浄化する瞑想の場としても使われたりもします。

さらに病気治しや出産の場として使われたり、すべてが凍る寒さが厳しい冬には

食料などの保管場所としても使われて、まさに生活と密着していたそうです。

 

まさに生活と密着しているからこそ

彼らはサウナ文化を大切にしていたことが伺えるようなところがあります。

 

それは、日本の銭湯感覚みたいに”超手軽”には入れないのです。

日本では営業時間中であれば、スーパー銭湯などサウナがあれば

いつでも『ひょいと』と入れるサウナですが、その感覚でフィンランドの

サウナに入ろうとすると少し面喰います。

 

比較的、簡単に用意できる電気式サウナでも

フィンランド人のお宅でサウナに入りたい時も、

あらかじめお願いしないと入れません。

 

人によって違いますが

毎日サウナに入っているとは限らないようです。

 

ただお世話になったフィンランド人家族に聴くと

金曜日には必ずサウナに入るようです。

 

逆にサウナに入らないか?と誘われたら

特別な事情がない限り、受けた方が良いそうです。

 

実際に、外国で外国人といっしょに真っ裸になって

いっしょに過ごせるというのは、そうそうあるものではありません。

異国で裸の付き合いを楽しむといいかもしれませんね。

 

ホテルにも、宿泊客が利用できるサウナがあります。

しかし男女兼用でひとつしかなくて、時間を区切って使うコトになったり

男女別あっても、例えば18~22時のみ利用可能というふうに

利用時間が、かなり限られるケースが多いので注意が必要です。

 

あと『ロリュ』という水蒸気のことですが

日本ではたいていのサウナでは、サウナストーブやサウナストーンに

水をかけるコトはしませんが、フィンランドではどんどん水をかけます。

 

そうすると、すぐに熱い蒸気がサウナ部屋に充満して

すごく熱く感じたり、息苦しくもなります。

 

これにも面喰いますが、熱い水蒸気がたちこめるとそう長くいられません。

ヘタに我慢くらべをして、遠い国で倒れて病院へ担ぎ込まれては何もなりません。

日本のサウナと同じく無理しないほうがいいです。

 

私は、まだフィンランドで伝統のスモークサウナに入ったことがありません。

いまはサイトでオプショナルツアーで受け付けている旅行会社もあって

特別なコネがなくても、利用できるようです。いちど体験したいと思っています。

 

サウナの効用については

いろいろなサイトで出ていますので、ここでは控えるコトにします。

 

最後にお願いです。

フィンランドの伝統療法で、ご存知の方いらっしゃいましたら

下のところまでお知らせくださると嬉しいです。

(おわり)

リンク:根本改善整体らくしんかんホームページ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました